トップ / 歯の治療方法の発達について

歯の治療方法の発達について

歯の治療方法の発達

ウェアラブルとインプラント

ウェアラブルという言葉の意味をご存知でしょうか。身に着ける、取り付けるというのが言葉の意味になります。歯科における治療の中心は銀歯や入れ歯、ブリッジなど取り付けるタイプの治療方法が主に行われています。しかし、最近では埋め込む手術であるインプラントという画期的な治療法が行われるようになっています。これはあごの骨に人工歯根を埋め込むことによって結合するため、人工のものでありながら天然の歯と同じように使用することが可能になっています。インプラントは審美性や機能性にも優れており、メンテナンスもブラッシングで行うことが出来ます。

インプラント,仕上がり

ウェアラブルからの発展

ウェアラブルという言葉の意味は身につけるという意味になります。今までの歯科治療の多くはこのウェアラブルの治療が多かったということが出来ます。そこに画期的な治療法が生まれました。それがインプラントです。身につけるのではなく、あごの骨の中に人工歯根を埋め込みます。そのため、体の一部として使用することが出来るようになるため、非常に機能性が高く使用することが可能なのです。インプラントを可能にしているのは人工歯根に使用されているチタンのおかげです。人体との親和性が非常に高いためにこの治療が可能となっています。

↑PAGE TOP