トップ / インプラントは長持ち

インプラントは長持ち

インプラントの持続性

インプラントは高い持続性がある

インプラント治療では取り外しをしなければならない入れ歯とは異なって、違和感のない歯を取り戻すことができる歯科治療となります。治癒期間としては、およそ2か月から6か月ほどの期間が必要となります。事前に、顎の骨の状態や骨を増大させる治療が必要な方の場合もあります。現在ではインプラント治療の技術が進歩していますので、骨と人工歯根を強固に結合さえることが可能となり、治癒期間や機能性の持続期間も飛躍的に向上しています。日本の技術では15年間における持続率は、95%で、安心して受けられる治療となります。

インプラント,仕上がり

入れ歯にないインプラントの利点

インプラントというのは、人工的につくられた土台に歯を据え付けるという方法で、失われてしまった歯の機能を取り戻すものです。機能回復を目的では、入れ歯が代表的といえますが、装着したときの違和感があり、食べ物のかすなども詰まりやすいという欠点があります。その点、インプラントであれば、もともと生えていた歯と同様に、食べ物の温かみや食感なども楽しむことができるほか、見た目としてもかなり自然であるため、人前に出ても不安にならないというメリットがあります。ただし、治療が困難な場合もあります。

↑PAGE TOP